【20代転職】入社したらイメージと違った!その時の乗り越え方

40代までに転職力を付ける

就職をしたら説明会でのイメージとかなり違った。やっていけるかなあ?

そんな疑問にお答えします。

この記事の内容

【具体的に解説】違いの原因

違う場合にすべき事

T.K.の自己紹介

人事で20年、10社で人事をしています。いずれの会社でも採用も労務もしてきました。

自分自身、9回の転職経験があり、40を超えてから4回転職をしています。

資格の数は20前後!35を超えてから転職はスキルの表し方がキーと思っている人間です。

苦しい就職活動を乗り越え就職した会社は「自分のイメージと違った」という事は良くあります。

でも、自分は何も知らないから現実こんなものかも。まずは仕事を憶えよう!

と、想えれば良いのですが、どうしてもメンタル的にきつい場合もあると思います。

まずは仕事を憶えることも必要なので、現実が異なっても在籍する事は必要です。

ただし、それはメンタルが保てる時!

もし、どうしても難しければ転職の道を選ぶことも必要です!

この記事では

〇一般的に言われる具体的な違いの原因と、転職を判断するためのヒント。

〇1年以内に転職をする際、効率的な転職の方法。

について書きました。

この記事が皆様の人生のヒントになる事を願い始めていきます。

【具体的に解説】違いの原因

同じ言葉でも受け取り方は人それぞれ。

だから、入ってみると「説明と異なる」という事はよくある事。

また、社会人未経験の方は話からイメージを想像するしかありません。

当然ギャップが発生する場合があります。

仕事内容が簡単すぎる

仕事内容が簡単すぎる事は良くあります。

営業やSEはお客様との交渉や知識を使ってプレゼンする事を想像すると思います。

でも、最初のうちは学習の意味も含めアシスタント業務であることが多いです。

また、最初のうちは勉強しかしない場合もあります。

これは会社に教育プログラムの一環なので心配しないでください。

仕事内容が厳しい

ベンチャー企業に行くと研修そこそこに仕事に入る事があります。

いきなりメンバーと同じ仕事をするので、仕事が難しく感じることもあると思います。

また、教育の余裕のない会社はやり方を基本教えてくれません。

インターン等で経験をしていないと厳しい時もあります。

3か月耐えられそうなら耐えてみてください。

耐えたらなんとなく仕事が見えてくる場合があります。

耐えられなさそうなら転職もありです。

長時間労働を強いられる

実はまだ時間外が価値と思う会社があります。

とにかく長時間労働が価値。

飲み会等拘束時間が多い事も含みます。

効率性のアップは見込めません。

この状況にストレスを感じるなら、転職を考えるのも手です。

ハラスメント体質だった

古い体質の会社や体育会の方が経営層の場合、ハラスメント体質の場合があります。

今まで育った環境で得た感覚を変えるのはほぼ不可能。

法律では「パワハラ防止法」なるものがありますが、会社として直せません。

訴えたらむしろ自分の首を絞める場合も。

もし、耐えられないようなら避難の意味も含め退職を考えても良いと思います。

会社説明と全く違う

会社は自社を良く見せるため、「話を盛る」ことはよくあります。

中には1回だけあったケースを全体の事のように言う場合や計画しているだけの事を語る事も。

入社した方が「話が違う」と感じる事も無理はありません。

話が違った場合、

〇実際やっている仕事がそこまで苦にならないならしばらく在籍しましょう。

〇その差が耐えられないレベルなら逃げた方が良いです。

いずれにせよ、現実とは異なることを言う会社なので、長くはいない方が良いです。

違う場合にすべき事

今は転職も普通の時代、いずれその会社は辞めることになると思います。

でも、今どうするか?

在籍期間が短かったり、スキルが足りないのは不利になると思う。

でも、自分のメンタルが持つかなあ?という焦りも出ると思います。

悩んだ時すべきことについて記載しました。

苦しい時は転職もあり!(1年以内でも転職先はある!)

このまま耐えていると頭がおかしくなりそう…

もし、どうしても耐えられない場合は、転職もありです。

石の上にも3年と言いますが、無理に耐えてメンタルを壊したら、回復に年単位で時間がかかります。

1年以内でも避難をしましょう

スキルが備わっていない方でも「第二新卒」と言う採用枠があるのでご安心!

厳しいなら無理に会社にしがみつかずに転職も選択肢に加えましょう。

転職を選んだ場合

転職を選ぶ場合、エージェント経由での転職を目指しましょう。

転職が初めての場合、以下の悩みが出ます。

初めての転職する際の不安
  • 何から始めれば良いか?
  • スキルがない自分が転職を成功させられるのか?

エージェント経由だと、職業紹介だけでなく転職に必要な準備等の指導もしてくれるから。

ただし、エージェントは得意不得意があります。

合わないエージェントは面談すらしてもらえません。

だから、自分に合うエージェントを探しましょう。

さて、社会人になって間もない皆さんはどのようなエージェントに登録するか?

「第二新卒」「未経験若手」を対象としたエージェントです。

第二新卒の皆さんに優しいサポートがあります。

第二新卒・未経験若手を対象としたエージェントのサポート
  • 自己分析の手伝いと時間をかけたカウンセリングをしてくれる
  • 転職の仕方を教えてくれる
  • 第二新卒をターゲットとした企業を紹介してくれる

初めて転職をする際の不安を払しょくしてくれます。

具体的にどこに登録すればいいですか?

一旦お勧めを紹介します。参考にしてください。

在籍を選んだ場合

「この会社違う」と思っても、実被害が無ければ会社に残って一定の実績を出す方が有利です。

日本の会社は転職が多い人を歓迎しない事、一定のスキルが身につくから。

でも、方向性の違うスキルで成長しても…

もし、そのような心配があるならば、転職に向けて自分の必要なスキルを磨いておきましょう。

在職しながら何をどう磨けば良いか分からない!と言う方。

在籍中の転職できる人になるためのスキルの磨き方をこちらの記事に纏めました。

まとめ

この記事では、就職した会社がイメージと違った場合について書きました。

就職したらイメージと違う原因として大きく4つの理由が挙げられます。

〇仕事内容が簡単すぎる

〇仕事内容が厳しい

〇長時間労働を強いられる

〇ハラスメント体質だった

〇会社説明と全く違う

1つの会社で働くパターンを憶える意味でその会社で仕事続けることは良い事です。

しかし、もしメンタル的に在籍が厳しければ転職を選ぶことも可能。

思い切って転職に踏み切りましょう。

でも、転職はどうすれば良いのですか?

皆さんは「第二新卒」と言われる形で一つの採用ターゲットの形になります。

皆さんをターゲットにしている会社とその会社への紹介を得意とする転職エージェントがあります。

皆さんをターゲットとしている「転職エージェント」への登録をしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました