【40代転職】妥協しない!より良い条件へ誘うエージェントの選び方

40代~転職
この記事の内容

40代の転職は何故エージェントなのか?

40代が転職エージェントとコンタクトを取る際の注意点

40代が選ぶべきエージェントの特徴

40代にお勧めの転職エージェント

40代の転職に適したエージェントはどこだろう?噂では登録もさせてくれない所も有ると聞くけど

そんな不安を解消します。

T.K.の自己紹介

転職9回、内3回は40代で転職をしてきました。

人事で20年の経験!10社で採用・能力開発等やっています。

転職経験・人事としての採用経験の双方から転職を考える方へ有益な情報を配信。

転職したいけど、悪い噂や今までの常識もあり躊躇している方も多いと思います。 

実際は自分に合ったエージェントを使うことで『簡単』『効率的』『希望に沿った条件』での転職が可能です。

この記事では、40代の方が転職エージェントを使う時に知っていて欲しい事について解説します。

最後に40代での転職経験からお勧めのエージェントも紹介しますね。

40代の転職は何故エージェントなのか?

40代の転職は何故エージェント?

と思う方もいらっしゃると思います。

転職にはほかに「転職サイト」「ダイレクトリクルーティング」があるのに…。

その違いについて説明します。

転職サイトは若手・未経験向け

転職サイトは若手や未経験者層に向いています。

誰でも応募ができる仕組みだから。

逆を返すと、企業は応募者の予測がつきません。

企業は自分の欲しい人材が明確な時、応募者が予測できない転職サイトは効率が悪いとみなします。

結果的に、「未経験」「若手」が欲しい時に転職サイトを使う傾向になります。

経験者には不向きです。

ダイレクトリクルーティングはまだマイナー

最近よくダイレクトリクルーティングを耳にすると思います。

でも、ダイレクトリクルーティングはまだまだマイナー。

使う企業は多くありません。

まだ未開発な部分が多く転職する際メインで使うには弱いです。

転職エージェント

企業の需要に沿った人を紹介するサービスです。

合うエージェントに当たれば貴方が合格しやすい求人を数多く紹介してくれます。

また、入社まで並走してサポートしてくれるのも特徴!

転職のガイドとなってくれます。

ただし、合わないエージェントは効果が全くない為工夫が必要。

よって、エージェントの使い方が重要になります。

40代が転職エージェントとコンタクトを取る際の注意点

40代で転職をする際はエージェントは選んでください。

『広告でよく見る』とか『有名』という理由だけでアプローチするのは危険です。

自分に合う転職エージェントへの登録ができなかった場合、以下のデメリットがあります。

自分に合わない転職エージェントの場合に起こるデメリット
  • 登録後ないがしろにされる、場合によっては面談すら拒否される
  • 紹介数が多いけど、希望する紹介は少ない

合わない所からは登録拒否もある

『登録を拒否された』とよく聞くのですが、登録の拒否はあります。

パターンは2つあります。

転職エージェントの得意分野が違う

転職エージェントがふさわしい求人案件を今は持っていない

転職エージェントの得意分野が違う

転職エージェントには『得意分野』と『不得意分野』があります。

『若手・未経験特化』、『業界特化』等得意分野を主張してる会社は登録できないと分かりますよね。

しかし、得意分野を主張していないけど『実は…』という会社も多くあります。

主張していない会社に登録しようとして

うち、専門外なんで、すいません

と言われてしまう事、あります。

転職エージェントがふさわしい求人案件を今は持っていない

小さいエージェントは求人案件を多く持っていません。

だから登録に訪れてもふさわしい求人案件が無い事も多いです。

その場合

今ご紹介できる求人がありません。

案件があった際はお声がけします。

と、登録を拒否されることがあります。

T.K.3
T.K.3

今後のために登録だけでも…

とお願いしても、拒否される場合もあります。

中には、企業から声掛けをしておいて話した時に登録拒否なんて事も・・・。

合わない会社は登録を拒否することがあります。

案件を多く紹介されても面倒なだけ

有名な会社だったら案件も多いし範囲も広いですよね。

最近は有名な転職エージェントでも『エグゼクティブ』専門部門があります。

40代の経験者に積極的に声掛けしています。

だからエージェントに登録できます!』『求人の紹介もかなり大量にあります!』

しかし、専門ではない為、求人案件はブレブレです。

1日20件以上は求人紹介はありますが、8~9割は希望を満たしていません。

1件の応募をするのに多くの案件を確認するので、時間を取られます。

効率がすこぶる悪いだけでなく自分に合う求人は無いと錯覚することも。

注意!妥協は禁物!!!

現実こんなものなのですね。ここは妥協した方が…

となってしまう場合もありますが、妥協しても合わない会社は落ちます。

企業が見送る理由には『オーバースペック』も有るので。

妥協を始めると自信を無くし、結果自分を大安売りする悪循環に陥ります。

有名な転職エージェントに登録した場合、妥協にはご注意を!

40代が選ぶべきエージェントの特徴

40代で転職をする際、選ぶべきポイントは2つあります。

40代がエージェントを選ぶときのポイント
  • 『ミドル』『ハイクラス』『エグゼクティブ』のキーワードがある
  • 『入社後』も後追いがある

キーワードは『ミドル』、『ハイクラス』、『エグゼクティブ』

『ミドル』、『ハイクラス』、『エグゼクティブ』は知識や経験のある人。

裏を返すと、『若手や中堅は専門外』と言うこと!

つまり、即戦力のリーダーや専門家を求めている事を意味します。

メインターゲットは40代以上!

十分な経験と知識のある方を好待遇で迎え入れたい会社が使うキーワードです。

『40代可』『40大歓迎』と書かれたエージェントはお勧めできません。

40代のための求人ではなく、どの年齢でもできる求人の紹介が多いです。

『ミドル』、『ハイクラス』、『エグゼクティブ』と書かれた会社に登録しましょう。

『入社後』もコンタクトがあるエージェント

転職エージェントの中には入社後も定期的にコンタクトを取る会社があります。

エージェントが皆さんが転職をしたい時に支援をする準備を整えてくれています。

会社では昇給無し、早期退職、転籍等不安要素が満載!

ただし、家族を抱えた40代は事が起こってからの対策では遅いです。

転職しても定期的にコンタクトを取ってくれるエージェントは保険になります。

つながっておきましょう!

なお、40代の私が転職の際お世話になったエージェントをこちらの記事で紹介します。

興味のある方は参考にどうぞ!

まとめ

この記事では、40代が転職をする際のエージェントの選び方について紹介しました。

転職の際、40代は合うエージェントを選ぶ必要があります。

エージェントはそれぞれ特徴があるので合わないエージェントからは断られるため。

断られないとしても、合わないエージェントでは合う求人は見つかりにくいです。

40代に合うエージェントは『ミドル』『ハイクラス』『エグゼクティブ』のワードを探しましょう。

40代可能だったり40大歓迎と言うキーワードは選ばないように!

転職後も一定期間後にコンタクトを取ってくる会社とはコンタクトを取り続けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました