【40代から外資】成長が目指せる外資への転職成功ロードマップ

40代からの外資

早期退職制度に引っかからず、定年までしがみつかないと。

ここから先は、定年まで持たせるだけ。これから下降線か…。

まだ、成長を目指すなら、ぜひ参考にしてください。

この記事の内容

40代から成長を目指すなら外資へ転職!その理由

外資を目指す為に必要な事

T.K.の自己紹介

人事で20年、10社で人事をしています。いずれの会社でも採用も労務もしてきました。

自分自身、9回の転職経験があり、40を超えてから4回転職をしています。

資格の数は20前後!35を超えてから転職はスキルの表し方がキーと思っている人間です。

国内企業に勤めていると、40代後半から早期退職、役員退職制等引退がちらつきます。

給与も平均的に55歳から下降線に差し掛かるため、これからの成長は諦めがち。

しかし、外資は能力があれば年齢が関係ない文化。

今からの成長も狙えます!

45歳を超えた成長意欲の高い方外資を目指すべきである理由と目指す為にすべき事を解説します。

40代から成長を目指すなら外資へ転職!その理由

40代を過ぎても成長を目指すなら外資への転職がお勧め!

理由は以下のとおり。

成長を目指すなら外資の理由
  • 外資は完全実力勝負・定年と言う概念もない
  • 転職は常識・経験した内容重視

外資は完全実力勝負・定年と言う概念もない

外資は完全実力勝負の世界。

年功序列の概念はありません。だから定年と言う概念もない。

定年の概念が無ければ、今何歳かはどうでも良い。

だから、年齢に関係なく挑戦の機会は与えられます。

パフォーマンスさえ出せれば給与のアップは交渉可能!

年齢が関係なく転職により成長を目指せます。

実力勝負だから注意すべきこと

完全実力勝負のため、国内企業と文化が異なります。

 ・謙虚さはマイナス。自分の良い所を自分で見つけないといけません。

 ・年齢は関係ないという事は年下の上司は至極当然!

 ・外資は解雇に躊躇がありません。

転職は常識・経験した内容重視

転職が常識の外資、転職理由はほぼ聞かれず経験した内容を面接では聞かれます。

40代にもなると転職回数が多い人も多い。

その方々は転職回数と年齢が日本企業では嫌われる。

だから、転職には躊躇しがち。

しかし、外資は「何をしたか?」が重要。

経験やスキルを説明できれば、年齢や転職回数はむしろ武器になります。

転職のチャンスが広がります!

経験重視だから注意すべきこと

経験重視のため、国内企業と文化が異なります。

 ・自分の成功事例、スキル、経験等アピールできることの整理が必用。

 ・経験が如何に役に立てるかをアピールする事が必用なので、謙虚さはマイナス。

 ・日本の企業同様に転職理由を伝えるとネガティブに捉えられる可能性が高い。

外資を目指す為に必要な事

40代から成長を目指すなら外資を目指せば良い事は分かりました。でも、外資を目指す為に何が必要なのでしょうか。

説明します

外資を目指す為に必要な要素
  • 英語力をつける
  • 面接は自分を「売る」と言うマインドを徹底する
  • エージェントを活用する

英語力をつける

言うまでもなく外資を目指す際、英語力をつける事は必須です。

では、英語力が必要な場面はどこでしょうか?

英語力が必要な場面

募集要項等、企業の説明を読む

・書類選考/面接で英語力を示す

募集要項等、企業の説明を読む

募集要項、企業説明を読む際、英語力が必要になります。

具体的には以下のとおり。

 〇募集要項等の企業の説明文、職種の説明は英語で書かれています。

 〇企業のホームページは英語記載、動画も英語であることが多いです。

英語力が無いと企業の理解ができません。

書類選考/面接で英語力を示す

応募の際も英語力は必須です。

具体的には以下のとおり。

初めての外資の場合、TOEICスコアの記載が必要になります。

場合によっては、英文CV(レジメのようなもの)の提出な必須な場合があります。

面接では必ず英会話の実技テストがあります。

場合によっては、海外拠点の方とオール英語の面接もあります。

 

英語のスキルが無いと選考に進めません。

英語力がありません。挑戦できないじゃないですか!

転職に必要な英語力は今からでも遅くはありません!

転職に必要な英語力とその学習法は以下のとおり。

英語力が必要な場面

TOEICスコアの目安と勉強法

・英語力を上げる方法

TOEICスコアの目安と勉強法

TOEICスコアの目安は、以下のとおり。

外資を目指すさい最低必要な限ライン700点
普通に外資を目指すことができるライン800点

外資に限らず英語を使う職種や会社を受ける際、必ず目安はTOEICスコアで書かれます。

TOEICスコアが必ずしも英語力ではないけど、記載がないと書類選考に通りません。

その際、あまり使わなくても700点は必要、使う職種なら800点は必要です。

TOEICはどのように伸ばせばいいですか?

700点までなら問題集を徹底的に学習することで取れます。

しかし800点を目指すなら、英語を使っていない私たちは専門的な学習期間が必要です。

詳細はこちらの記事で解説していますので興味がある方は参考にしてください。

英語力を上げる方法

ここで言う英語力は「英会話力」

中学・高校の英語とは異なり、意思疎通ができれば良し!

英会話は「慣れ」なので、練習すれば誰でもできるようになります。

今まで英語が苦手な人でもいつからスタートしても上達できます!

練習と言っても英語で話す機会がない。そもそも何を言っているか全く分からないのに?

全く初めての人は英会話スクールから始めると英語の練習は癖付けができます。

慣れてきたらオンライン英会話に移行していくと毎日練習が可能。

1st Step英会話スクールに通いまずは英語の練習の導入をする。

2nd Step 英会話の練習に慣れたらオンライン英会話で毎日練習する。

英語力のアップは英会話力のアップ!英語が苦手な人でも今から練習で得意になれます。

英語力アップについて別の記事で詳しく紹介!興味がある方はこちらでご確認を!

面接は自分を「売る」と言うマインドを徹底する

面接では自分を売ることに終始します。

外資の採用は国内企業のように「人を雇う」のではなく「能力と契約する」イメージ。

だから、自分のスキル・経験が如何に企業の役に立つのかをアピールすることが大切。

その準備に必要な事は以下のとおり。

外資系に応募売るために必要な準備
  • 【自分の棚卸】成果・スキル・経験を整理する
  • 企業研究・募集要項(ジョブディスクリプション)を読み込む

【自分の棚卸】成果・スキル・経験を整理する

自分のアピールを如何にできるかが外資に合格するポイント。

そのためには自分が何ができるのか?できる事を同証明するかを考えます。

自分の棚卸はスキルや経験をまずは整理しましょう。

具体的には

スキル:自分ができる事。

経理、営業だけでは弱いです。「月次の締めができる」、とか「BtoBの営業ができる」という所まで落とし込みます。

・経験:自分がしてきた事。

8年上場企業の経理で月次の締めをした」とか「5名の新人を指導した」等の経験を差します。

スキルの証拠として「資格」を記載は非常に有効です。

資格は積極的にアピールしてください。

成果はスキルや経験の証拠と思いましょう。

具体的には

営業:目標年5億の売り上げについて5.5億売った実績

バックオフィス:業務改善を行ったり、システムを導入した、内部統制の合格等

自分の棚卸の際注意する事

再現性があるか確認しましょう。

 ・成果を盛りすぎたり、二度と出来ないことを書くと面接で突っ込まれた時に対応できません。

 ・入社できたとしても実際に仕事が出来ないなんてことも…。

企業研究・募集要項(ジョブディスクリプション)を読み込む

募集要項は読み込んでおきます。

面接は自分を売る場。

自分は会社の求めていることに対して何ができるか?をアピールします。

そのために相手の要求や相手がどんなバックグラウンドかを知ることが大切。

募集要項はしっかり読み込んでおきましょう。

外資の募集ポジションは私の経験したことがない名前の物ばかりなのですが。

外資は当然用語が異なります。

だから、同じ仕事でもポジション名が異なることも。

ポジション名で諦めず、要求されている「仕事内容」をよく確認しましょう。

外資を受ける際の用語で注意すべきこと

ポジション名に限らず外資では物の言い方が日本と違います。

幾つか例を紹介します。

 ・履歴書・職務経歴書・レジメ等は「CV」と言います。

 ・募集要項は「JD(ジョブディスクリプション)」と言います。

 ・給与レンジは「バジェット」、募集人数「HC(ヘッドカウント)」と言われます。

エージェントを活用する

外資を受ける際、エージェントを必ず使いましょう。

エージェントを使うメリットは以下のとおり。

外資系エージェントを使うメリット
  • 外資系企業の案件が豊富
  • 文化の差や合格の為に必要な情報を教えてくれる

外資系企業の案件が豊富

外資企業は外資系のエージェントに注文をします。

知っている企業という事もありますが、文化や言葉が通じやすいから。

だから必然的に外資系の案件は外資系のエージェントに集まります。

※韓国・中国系の日本を良く知る企業は一部国内大手に依頼をする場合もありますが、少数です。

外資系エージェントは外資への転職を目指すなら、必須です。

文化の差や合格の為に必要な情報を教えてくれる

外資のエージェントは文化の差や合格のため必要な情報を教えてくれます。

日本人が陥りやすい文化的な差異を知っているため、面接前にその差を埋めるべく指導があります。

会社固有の癖みたいなものも今までの応募実績より分析し、参考として教えてくれます。

場合によっては、面接前に30分程度説明、模擬面接をしてくれる所も。

日本の企業は大手ですら面談を控えたりしても15分という感じの所が少なく在りません。

その意味では真の意味で二人三脚で支援をしてくれます。

具体的な外資のエージェントについてはこちらの記事を参考にしてください。

まとめ

この記事では、40歳を過ぎてから成長を目指すなら外資が有効である事、また外資を目指す方法を解説しました。

なぜなら年齢や転職回数より貴方の経験やスキルを重視してくれるから。

いくつになっても挑戦の機会はあります。

勿論、自分より若い人に負ける可能性も多々ありますが、成長を続けたい人には絶好の場です。

外資を目指す為に必要な準備は、以下のとおり。

外資を目指す為に必要な要素
  • 英語力をつける
  • 面接は自分を「売る」と言うマインドを徹底する
  • エージェントを活用する

英語は今までの勉強ではなく会話力を鍛える事なので、必要な事は練習です。

自分を売るためには、「スキル」「経験」そしてその証明として「成果」を確認しましょう。

エージェントは外資のエージェントを使うことで効率的に外資の紹介をもらいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました