【40代転職】未経験職種に収入をダウンせず挑戦する為知っておく事

40代~転職

40代になったら未経験の仕事への挑戦はかなり不利だと思うけど、仕事の幅を広るための転職したい。

未経験の転職を成功させるための方法お伝えします!

記事の内容

実際に40代に対して企業が求める事

年収をアップして未経験職種に挑戦するコツ

転職をする上で必要なこと

この記事を書いているT.K.は人事歴20年、自身も9回の転職を経験しています。

T.K.はこんな人

人事を20年やってきました。10社の会社全て採用・面接・能力開発等をしてきました。

うち3社はブラック企業にはまって1年未満での退職をしています。

しかし9回転職ができています。40代になってからも転職により職位と収入アップしています。

40代の転職で未経験職種に挑戦するのは難しいというのはご存じと思います。

確かに未経験職種は基本的に合格率が低く、合格しても待遇や給与が下がるのがセオリー。

しかしやり方や現在のスキルの活かし方によっては未経験職種に収入アップで挑戦できる可能性があります。

今回は未経験職種への挑戦を収入を下げず行う方法や考え方を紹介します。

可能性を広げる方法の1つとして転職活動に取り入れていただければ嬉しいです。

40代に対して企業が求めるもの

前提として、企業が40代、50代のシニア層を採用する目的はズバリ「即戦力」です。

即戦力として今すぐ力を発揮してほしい

企業が40代、50代の経験者層を募集する理由は即戦力が欲しいからです。

具体的には、知識、経験を求めます。主に求められるのはマネジメント能力やその職域の専門性です。

だから、経験者層の採用は、より職種について高いマッチ度が求められます。

最近は需要は高いけど候補者からは合格が遠く見えます。

未経験分野への転職をしようと思うと、企業の期待とは異なる候補者となります。

合格率は下がり、内定を取ったところで待遇も収入もダウンします。

やはり、40代、50代で未経験の転職は現実的ではないですね。

しかし、収入アップの上未経験への挑戦できた事例はあります。

その成功をした方法についてご紹介します。

年収をアップして未経験職種に挑戦するコツ

年収をアップしつつ、未経験職種にチャレンジするコツは実は2つあります。

即戦力+アルファの求人を狙う

自分のスキルを活かす職種をベースとして、プラスアルファの仕事内容のある求人に応募します。

例えば、人事のスキルを積んできた人が、「人事・総務業務込」に挑戦する場合。

基本的には人事のスキルを活かすのですが、総務業務に挑戦しますよね。

企業の「即戦力応募」にはマッチした形で「総務業務」挑戦するで、職域を広げることは可能です。

「全くの新分野」とはいきませんが、新たな分野への挑戦の1つの形になります。

取締役や上司が自分より年上の会社を狙う

自分より年上の上司の会社を狙います。

面接官は年上の候補者には「即戦力を頼る」意識が高いです。

現に若い会社の部長は年上の候補者に経験を発揮頂き、自分達の出来ないことの指導を期待します。

よって、40代~50代の方が若い面接官を目の前に「これから学ぶ」姿勢は命取りになる事が多いです。

しかし、60代の方が面接官の場合、40代はまだまだ若手!

教えようという気持ちを持って臨んでくれます。

60代マネジメント層からは40代も30代もそんなには変わりません。

シニアに経験を活かしたマネジメントを任せる会社は面接官が60代という事も普通。

40代を超えた場合、挑戦をしたい場合は年上のマネジメント層のいる会社を目指してください。

転職をする上で必要なこと

具体的にこの挑戦的な転職を成功させる為に行うことは以下の3点になります。

自分の棚卸をする

自分のパーソナリティを知らなければ、次のステージに進むことは難しいです。

具体的には以下の2つです。

1.自分のできる事

2.自分のしたい事

経験者の採用をする際、企業は即戦力を求めます。

転職の際自分が貢献できることをアピールすることはとても大切になります。

よって、自分のできる事を把握し、活かせる仕事を見つけることが大前提です。

営業やってました。

「営業ができる」と言う程度ではまだ浅いです。

「戦略立てるのが得意」な方、「手を動かくすのが得意」な方は企業から見ると全くの別物だから。

自分のできる事は深く確認をしましょう。

一方で自分のしたい事も確認が必要です。

自分が挑戦したいことをアピールする時、「なんとなく」では通用しません。

「この仕事を伸ばしたい」と言う気持ちが前提で挑戦する意思を説明できないと認めてもらえません。

自分のしたい事は自分の想いを根拠に考えていきましょう。

ところで、キャリアアンカーって何ですか?

ちなみに、「譲れない仕事に対する自己概念」を基に分析すると自分を明確にできます。

こちらについては別の記事で詳しく記載しているので興味がある方は参考にしてください。

目的意識を持つ

先ほど記載した通り、経験者層は「なんとなく」したいでは通用しません。

面接官も納得できる目的が必要になります。

自分の目指すべき目標を定め、そのために今できる事、さらに目標達成のために挑戦が必要であるという明確な目的意識が必要になります。

自分に合ったエージェントに登録をする

おそらくここが一番大切になります。

就職の仕方は「ダイレクトリクルーティング」「転職サイト」「リファラル」等手段は様々あります。

が!一番のお勧めはエージェント経由の転職になります。

エージェントは企業と接していく上で文字では分からない部分や、表向きには話ができない企業の本音を知った上で紹介します。

エージェントはある程度のベクトルが合っている事を前提に会社を候補者に紹介します。

但し、エージェントもそれぞれ得意分野、不得意分野があります。

未経験若手層に強みがある会社にアプローチしてもおそらく、登録を断られると思います。

経験者層が目指すエージェントは2種類、自分のスキルを活かせる「業界特化」または「経験者特化」です。

具体的にどこですか?

以下お勧めを紹介します。

まずは、経験者に特化したエージェントから

1.JACリクルートメント

JAC Recruitment

お勧めポイント

私自身15年以上お世話になっているエージェントです。

企業担当が直接案件を紹介・フォローしてくれるので合格率は高いです。

年収400万以下の案件を取り扱わないというのもポイントです。

2.コトラ

ハイクラス人材紹介サービス【コトラ】

お勧めポイント

業界は限られていますが、ターゲットとなる年代の明記があり、50代までカバーしている所がポイント!

「ハイクラス」を専門としている所の方が経験を求める分自然と年齢層が上がるので実は40代は有利だったりします。

次の業界特化

1.飲食業界経験者であれば

飲食特化型の求人

お勧めのポイント

外食飲食に特化しているため、業界特化であること。

年齢層も18歳~50代まで幅広に設定されており、学歴不問、経験不問案件も多い為、アプローチをしやすい。

2.工場勤務を目指すなら

【管理部門特化型エージェントNo.1のMS-Japan】

お勧めのポイント

管理系の仕事に特化している

管理系の専門性を追求すると最終的には士業等の職種になるのですが、士業の求人もあるため、企業から選択の幅を伸ばすことも可能。

まとめ

この記事では、40台以上の経験者層が転職で収入や待遇を下げずに新しい分野に挑戦をすることについて記事にしました。

前提として、経験者層は即戦力としての期待をされているため、全くの未経験での転職は難しいし、合格しても待遇や年収のアップは望めません。

逆に自分のスキルを活かしつつ分野を広げていく形や、自分より年上の上司になる会社への就職であれば転職の可能性はぐっと上がります。

しかし、そのためにも下準備は大切です。

自分のできることや自分が本来やりたいこと、挑戦したいことの目的についてし考えて行動をしなければなりません。

目的た、使用するエージェントも得意分野があるので自分のスキルや思考するものを得意分野とするエージェントを選ぶ必要があります。

この記事が皆さんの転職の助けになることを願います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました