【失敗しない転職】面接は見た目が9割?第一印象はテクニック!

テクニック集

皆さんこんにちは T.K.です。

また面接で落とされた。

見た目の事で嫌味言われた。

どんな努力も容姿で落とされたら

意味ないじゃん!

皆さんの中には「のっけから面接官に好かれていない」と思う面接を経験したことはありませんか?

私が所属していた9社のうち、3社では「見た目で落とす」と公言していました。

また、見た目をそこまで重視しないと言っている会社でも写真を見て合否を判断する人事がいる会社が2社ありました。

私の経験した9社中実に5社が見た目採用を行っていたのです。

結構な確率で、面接官も人を見た目で判断します。これが採用の現実です!

T.K.3
T.K.3

嫌だと思ったあなた!

逆にこれはチャンスです!

第一印象で貴方は面接を有利に進められます。

また、第一印象は誰でも変えられます!

今回は、見た目を武器にする印象管理というテクニックについて説明します。

「正直誰でもすぐにできます!」

私、中学~大学まで容姿のせいで絵に描いたようにモテませんでしたが、この技術だけで露骨に容姿で落とす会社も合格をしております。

この印象管理で、面接を有利に進めてください!

まずは自己紹介から

T.K.はこんな人

人事を20年やってきました。10社の会社全て採用・面接・能力開発等をしてきました。

うち3社はブラック企業にはまって1年未満での退職をしています。

しかし9回コネを使わない転職を成功させています。40代になって転職により職位と収入アップしています。

見た目を重視する理由

仕事の必要性

特に営業に多かったのですが、見た目採用を強調する会社は、「お客様」への印象を意識していました。

人の印象は会った瞬間に決まります。その会った瞬間にお客様が「嫌だな」と感じてしまうと、話も聞いてもらえません。

営業は特にお客様の印象アップが武器になるので、仕事上の必要から見た目を重視していました。

経験上アパレルは特にその要素が強いかなと思っています。

私のいた会社だけかもしれませんが、「営業は自社ブランドを着てお客様に会う」ため、営業マンそのものがマネキンとなり、お客様にアピールする存在でした。

長年の経験則

見た目採用と公言していないけど、履歴書の写真判断をしている会社も2つ経験しました。この会社はいずれも年配の人が部課長をやっている会社です。

「年配」というのがポイントなのですが、長年の経験の中で様々な人を見てきています。

その経験で瞬時に「この人はこういう人だろう」というのを判断します。過去ある上司は写真を見て話もせずに「ダメ」と簡単に切り捨てていました。理由は「カン」の一言でした。

T.K.3
T.K.3

シンプルに自分の好みで選ぶ人も結構今いました。

さすがに引きましたけど、現実まだそのような人

居ます。

内容を聞くと、ますます見た目勝負は難攻不落に見えますが、気を付けるポイントを押さえておけば、攻略可能です!内容をこれから説明しますね!

見た目で気を付けるポイント

アパレル系で働いていた時、見た目を重視した採用をしていたと先述しました。

私自身も言ってみればその採用にパスをした人間です。

では、私はそんなに見た目が良いか?というとそうでもなく、美容に気を付けたわけでもありません。ただ、これから説明するポイントを押さえていただけです。

何を見ていたのか?何を重視したのか?ということについてその時の傾向をお伝えします。

T.K.3
T.K.3

驚くほど簡単ですよ。

身だしなみ

新入社員研修で学ぶレベルの身だしなみです。新入社員が一番できているやつです。

スーツは体のサイズに合ったものを着る

アイロンはかけておく

靴を磨いておく

髪の毛は整髪料で整える、またはまとめておく

正直この程度です。

ただ意外とこれができていないことが多いです。

高い服を着ないといけない」とか「センスの良いものを…」と考える人もいるかもしれませんが、それは間違えです。

身の丈に合った自分に合う服を無理なく着こなしているのが服装的には一番見栄えが良いです。

体系

今回特に皆さんに気を付けていただきたいのは、太っている人は見た目を重視する会社では落とされる可能性が高くなるということです。

見た目を気にすると言っていた3社中3社、「太っている人は落とす」と公言しています。

理由は、いくつかあるのですが、

1.アパレルは太っている人の見栄えをよくするようデザインされた服を作っていないので、「その人が着て営業に出てもあまり効果が出ない」という理由からでした。

2.ほかの業界で、見た目太っている人はNGと言っている理由は、「健康管理ができていない」とか「自分の体について節制が気でいてない」だから「だらしない」という結論に行きついた結果からでした。

確かに過去振り返り、私が85キロあった時、実は結果を出すことが非常に難しかったです。

一念発起し3か月で15キロやせました。

その後面接に臨んだ際、通過率が高かったことを憶えています。時代の流れや転職回数が多い人への認識が変わった等の別の理由もあるのですが、「見た目が変わった」ことも数ある理由のうちの1つではないかと今思い返すと合点がいきます。

もちろん、15キロ痩せるのは自分一人でもできます。しかしなかなか自分一人で痩せるのは努力がいるし、「できるならとっくにやっている」という方も多いと思います。

トレーナーのサポートを付けることをお勧めします。

そこでの悩みは、通所のジムへ入会しても続かない。パーソナルジムは高い。だと思います。

そこでお勧めなのがこちら!

【業界最安値級】平均2ヵ月で‐10㎝!てがるなオンライン&パーソナルトレーニング

こちら基本はネットも使ってのジムなのでパーソナルジムの中では安価に利用ができます。

コロナの心配もないと思います。

第一印象を管理をする

見た目の注意するポイントは、上に書いた通り、

生まれつきのものは何もありません。

お金をかけなくても大丈夫です。

あくまで、心がけ一つです。

上記も含み面接の場を支配する第一印象のテクニックをお伝えします。

身だしなみを整える

自分の体形に合った服を前日アイロンをかけて行く程度で十分です

センスは二の次、無難が最高です。

髪型は顔が見えるようにした方が良いです

顔が隠れると「暗い」印象になったり、不潔な印象を与えます。

格好の良し悪しではなく、清潔感重視です

体系維持を心がける

一部の企業を除き、引くほどの太り方をしてなければ、少々太っていても面接官は気にしません。

やせようと思う人、正直なかなか難しいと思います。

が!私も過去ジムに行かず、トレーナーに師事をせず、仕事をしながら3か月で15キロダウン、

ウエストも15センチ以上減らせました。努力によってできるものであると思っています

笑顔を心がける

これが一番のポイントです!

笑顔は人の印象をアップします。

相手の目をしっかり見て、笑顔で『お願いします!』と挨拶をされるとその場で合格を出したくなります。

逆に緊張した顔や怖がっている顔は面接官から「余裕がない」印象を与えます。

みなぎる余裕は相手に安心感を与えます。「この人は何かやってくれそうだ。」「この人は落ち着いて対処してくれそうだ」と思ってしまいます。

笑顔でまっすぐ相手を見ることができたらそれだけで、面接官が肯定的な面接をしてくれる確率が上がるので、皆さんの受け答えも自然とアゲアゲになります。

まとめ

今回は面接は見た目が9割、であれば、第一印象を良くするテクニックで、有利に進めましょう!というテーマで話をしました。

面接官も人なので、印象で人を見てしまいますが、中には企業の必要に応じて見た目を重視する会社もあります。

印象を上げるポイントは、以下の3つです。

①自分の体形にあった服装(センスは二の次)

②ちょっとの体形維持(引くほど太ってなければOK)

③笑顔(明日からでもできる)

上記は、生まれ持ったものというよりシンプルにテクニックです。この3つを駆使して、面接をより有利に進めてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました