出産休暇と育児休業、全体的な流れと給付金

会社では教えてくれない事

こんにちは T.K.です。


最近出産を控えた社員さんより、『出産のためお休みするのだけどどうすればよいかわからない』という質問を多く頂きます。


社会保険が非常に複雑に絡んでいるため、わかりづらいですよね。

そこで!今日は、人事業務で取り扱っている産前産後~育休までの流れと、給付金についてご説明いたします。

産前産後休暇

産前産後休暇

産前産後休暇は、出産前42日(6週間)、出産後56日(8週間)お休みできる仕組みです。時々規程には『多胎妊娠』という文言がありますが、これは、『双子以上』という意味です。


『産前?』、『産後?』となりますが、産前は出産前日まで42日であり、産後は出産した日を『含む』産後56日で計算します。

なお、生まれる日はずれると思いますが、後にずれても『産前』としてカウントされるので、産前は、40日の人もいれば、44日の人もいます。


産前産後休暇は、働ける状態ではありません。特に産後は出産の疲れもあります。

よって、基本8週間は『働けない』とみなされるため、健康保険より給付が出ます。

T.K.3
T.K.3

基本8週間と言っているのは、医師の承認を得れば、6週間で

お休みを切り上げることができるからです。

産前産後休暇中の給付

長い期間会社を休むので、とても有給の範囲内で休むことはできません。

この収入がない部分については、健康保険から『出産手当金』が支給されます。

出産手当金は、給与と交通費の2/3の額程度のお金になります。

手続き

手続きは、出産手当金申請書を提出します。

協会けんぽバージョンは、3枚のうち、2枚は、自分で書きます。(2枚目の後半は医師が書くのですが…)。

2枚の記入が終わった時点で、会社に提出し、会社が必要事項を記入して、協会ペンぽに提出します。

出産育児一時金

健康保険の給付には出産手当金のほかに『出産育児一時金』というものがあります。

これは、病院にかかる負担を減らすため出産した病院に直接健保組合から払われるお金です。

T.K.3
T.K.3

通常分娩は、怪我や病気ではないので、出産するため病院で

入院したお金は100%本人負担になります。

その負担がこの『出産育児一時金』で大分和らぎます。

出産育児一時金は基本的には42万円払われます。
さて、ここで問題!出産手当金は、出産後54日までですよね。それ以降はどうなるのでしょうか。

そのあと一般的に育児休業というものがあります。

こちらについて説明します。

育児休業

育児休業

一般的には育児休業のほうが良く耳にすると思います。

育児休業とは、出産したお母さんが、子供が1歳になるまで、『休んでいいですよ!』というものです。取らなくても良いものなのです。

産前産後休暇は、『基本休みなさい』なので、若干ニュアンスが異なります。
出産手当金は、『生む』ために休むであれば、育児休業は、『子育て』のため休む、に意味合いが代わります。健康保険からではなく、雇用保険がその分給付をします。給付は、子供が1歳になるまでです。

T.K.3
T.K.3

今の流れは図にするとこんな感じです。

育児休業の給付金育休はスタートしてから6か月の間、『給与』+『通勤手当』の2/3の支給
6か月経過後『給与』+『通勤手当』の1/2の支給となります。

育児休業の延長

育児休業の期間育児休業は、子供が生まれてから1歳になる前日まで取得可能です。

しかし、1歳になる時に必ずしも保育園に入れるとか限りません。

そこで!1歳になっても、保育園が見つからない等の理由があった際は、

1歳6か月になるまで取得が可能となります。

また、1歳6か月になっても保育園が見つからない場合、2歳まで取得が可能になります。

(ここまで!ですが…)
ここまでをまとめると下図のようになります。

手続き

手続きは、会社が代理で行うことも可能です。基本的には会社に任せて、会社が申請をするパターンが多いと思います。少なくとも私の経験はそのような感じでした。

自分でやる場合は、会社に『私がやります』と言って申請書をもらい、自分で申請を行います。

なお、申請には母子手帳および、通帳の写しが必要になります。

注意事項

育児休業給付金は基本的には子供が1歳になるまで支給されます。

それ以降は、手続きを踏まないと給付金は出なくなってしまいます。

手続きは、

①お子さんが保育園に入れなかった旨市町村から証明書(入所保留通知書) がもらえます。

②その証明書を添付した書類を会社に提出します。

③会社が添付書類を添付の上ハローワークに延長の手続きを取ります。

まとめ

今回は、出産をするときの会社を休んだ時、どのように休めるのか?また、どの保険が収入の保障をしてくれるのかを紹介しました。

育児休業はお父さんも取れたり、育休を取らない人が実施してもらえるお母さんへの優遇策など様々あるのですが、それはまた別の記事でご紹介します。

POINT

出産~子供が1歳になるまでに休んだ場合、

健康保険から、産前6週間~産後8週間までは、出産手当金が支給される。

雇用保険から8週間以降~1年(最大2年)までは、育児休業給付金が支給される。

コメント

タイトルとURLをコピーしました