【40代から外資】チャンスを広げる外資!転職のカギはエージェント

40代からの外資

外資系企業に転職するには、どうすればいいだろう?

そんな疑問に回答します。

この記事の内容

1.何故外資系のエージェントへの登録なのか?

3.外資系エージェントから興味を持ってもらうには

自分の成長の為外資系企業に転職したい!

と思っても、日本のエージェントからだとなかなか外資系企業の紹介はありません。

外資系の企業へ就職するには外資系のエージェントを使うことが最も直接的かつ効率的です。

この記事は外資系企業を応募する為必要な外資系エージェントとのコンタクトの取り方を紹介します。

外資系を目指す皆さんへのヒントとなる事を願い、始めていきます。

何故外資系のエージェントへの登録なのか?

外資は主に外資系エージェントから紹介が来る

外資系企業は外資系エージェントに注文することが多いです。

理由は2つ

外資は外資系エージェントに注文する理由
  • 外資は日本進出する際、知っているエージェントに注文をする
  • 言葉や文化の理解が早い

外資は日本進出をする際、知っているエージェントに注文する

海外進出をする時、企業の人事は知っている会社に海外法人の有無を確認します。

同じように外資が日本で採用をする時、知っている会社に注文します。

言葉や文化の理解が早い

外資系企業が日本のエージェントを知っていても外資エージェントを選びます。

外資の方が言葉や文化が通じやすいから。

また、外資系エージェントの方がどん欲に成果を目指します。

成果主義の外資系企業は一緒に成果を求めてくれる外資系エージェントに魅力を感じます。

外資系企業の文化を知っている

外資系企業は日本系の企業とは文化、ポジションが異なります。

目指すならその文化やポジション、その他詳細を知っておきたいところ。

外資系エージェントは事前に詳細な情報を直前に電話で教えてくれます。

日系エージェントは企業の詳細情報を電話をかけてまで教えてくれません。

合格を目指すなら外資系のエージェントへの登録が必須です。

外資系エージェントから興味を持ってもらうには

日系企業しか経験が無い方でも外資系エージェントよりスカウトを受けられます。

また、外資系企業から積極的に求人紹介をもらいつづけることが転職の近道です。

そのためにするべきことを解説します。

英語の勉強をしておく(目安もお伝えします)

外資系企業は英語でコミュニケーションを取ります。

エージェントは候補者が英語を話せることを確認してから会社に紹介します。

よって基本英語力が無いとエージェントから紹介を受けられません。

英語力は必要です!

外資系エージェントから声を掛けられる水準は具体的にどのくらいですか?

水準はポジションにより様々です。

クラス求められる英語レベル
マネージャクラス本部ともコンタクトを取るため高い英会話能力が求められます
一般クラス英語がなんとなくわかる程度でOK。

目安をTOEIC点数で表すと以下の通りです。

英語そこそこクラス
(英語をそこまで求めない)
TOEICスコア730点目安
英語を使うクラス
(本部ともコンタクトが求められる)
TOEICスコア800点目安

英語力は実は短期で1日少しずつの練習で伸ばせます。

具体的な伸ばし方についてはこちらの記事を参照ください。

専門性を高める

外資系企業は実力勝負!資格と経験で人を見ます。

外資系エージェントに興味を持たせるには「この人は売れる」と思われ続けることが必要です。

自分の専門性の高さはエージェントの興味をひくために非常に有効です。

専門性をアピールする為にはどうすればよいですか?

専門職なら資格取得、営業系なら数字、マネジメント系は管理した規模をアピールします。

専門性

専門性が必要な職種は主にバックオフィス、ITに関する仕事です。

1.日本の権威的な資格を持っているバックオフィスを任せたいものです。

権威的な資格は国家資格等が該当します。

2.IT系等専門性のある職種の場合も、日本の技術やスキルの高さを求めます。

その際、資格は何も語らずその能力を語ります。

専門性の高い資格を取得しておくと非常に有利です。

実績

営業職、マーケティング等の職種は実績のアピールは必須。

数字が書けないと書類選考の段階でお見送りになる可能性は高くなります。

面接ではその数字の再現性を尋ねられることが多いのでその過程の整理も必要です。

マネジメント力

マネジメント層は文字通りマネジメント力が必須。

プラスマネジメントした人数、予実等の数字が必要があります。

面接では、組織運営の為のケースについて

かつてIBM出身者で経営層が構成された会社にいた時、営業で数字が書けていない人は見る必要がないと言われました。

よって、実績を職務経歴書にかけるか?はとても大切になります。

まとめ

この記事では、自分の転職のチャンスを広げてくれる外資系エージェントについて記載しました。

自分の活動範囲を広げたい方、もともと外資で働いていた方、絶えずエージェントとコンタクトを取り続け、転職ができる安心感が欲しい方はぜひ外資系エージェントにコンタクトを取ってください。

何故外資系エージェントがチャンスを広げてくれる理由として

1.外資は外資系エージェントに案件を注文しやすい、2.外資系エージェントは転職後もコンタクトを取り続けてくれる、3.能力重視のため、年齢制限が日系より少し長い。

お勧めの外資系企業はこちらのページにて紹介をしています。興味がある方は参考にしてください。

外資系エージェントより声がかかるためにが外資系企業に興味を持ってもらう必要があります。

そのため絶えず、能力アップ(具体的には英語力、専門性や経験)を高める努力をされることをお勧めします。

皆さんの転職にのヒントになることを願います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました