知っていてほしい健康保険給付 「傷病手当金」

会社では教えてくれない事

こんにちは T.K.です。

今日は、傷病手当金についてお話しします。

健康保険の一つの役割である、傷病手当金についてお話しします。

これは、長期で休まざるを得なくなってしまった方を守る健康保険の保障うちの一つです。

今回は、長く休むことになった方に見ていただきたいと思い、書いています。

【注意】今回は協会けんぽをベースに説明しています。組合によっては、より良い保障きがあるかもしれませんので、もし、自分がなってしまったときは、自身の健保組合に問い合わせてみてください。

T.K.3
T.K.3

人事業務でも結構頻繁に書いています。

病気になったり怪我をしたことで、お休みを多くとる

方から多く問い合わせを受ける項目です。

何かあった際はぜひ参考にしてください。

傷病手当金とは

傷病手当金とは

療養のため、仕事ができない時にそのできない期間の給与の2/3程度の額を保障されます。

どういうときに支給されるの

もらえる要件は、以下のとおり

1.療養中であること

2.労務に服することができないこと

3.継続して3日間の待機を満たしたこと

1.療養中であること

健康保険で「診療」を受けることができる範囲の「療養」のことを言います。

その療養であれば、自宅でも、病後の静養でもOKです。

🧩入院しなければならないというわけではなりません。

しかしながら、美容整形等は療養とは認められません。

2.労務に服することができないこと

「仕事が病気のため、できない」ことを言います。

こんな時はどうなの?

家事の副業に従事した時本来の業務ができない程度の病気である場合
「業務に服することができない」と認められます。
仕事ができるけど通院のため
休まないといけない場合
「業務に服することができない」と認められます。
仕事ができるけど、悪化の恐れが
あるため、休むよう医師が診断
した場合
「業務に服することができない」と認められます。
医師の指示・承認があって、仕事を
半日した人
「業務に服することができない」と認められません。
業務を短縮しないで、軽い業務に
変更した場合
「業務に服することができない」と認められません。

3.継続して3日間の待機を満たしたこと

つまり、4日目からもらえるということです。

これは、連続して3日なので、とびとびで3日に達した場合は認められません。

また、同じ病気やケガなら1回、3日連続してかかってもらったのであれば、一旦仕事して再度休むことになっても、以前「3日間の待機期間過ぎたよね」ということで、2回目の休みは初日からもらえます。

T.K.3
T.K.3

「3日の間に有給使ってもいいですか?」とか

「祝祭日も3日に含みますか?」と聞かれますが、

OKです。3日働けない状況であったことが

要点になるので。

いくらくらいもらえるの

いわゆる、標準報酬額の2/3に相当する額がもらえます。

「標準報酬月額って?何?」となりますが、給与+交通費です。

なお、報酬がもらえた人は、傷病手当金でもらえる額より少ない場合はその差額がもらえます。

でも、傷病手当金より多く報酬があった場合は、もらえません。

もらえる期間はどのくらい

始まりの時期、先ほどから言った通り、3日間の待機期間を経たのちからもらえます。

例えば、3日待機後4日目は仕事をしたけど5日目からまた休んだ場合は、5日目からもらえます。

期間は、最初にもらえるようになってから1年6か月までになります。

飛び飛びで休んでももらえます。

会社を辞めてももらえます。(会社を退職後国民健保に変えてももらえます。)

しかし、同じ病気で休まざるを得ない状況が、一度もらい始めてから1年6か月を経過した後に発生した時は、原則もらえません。

T.K.3
T.K.3

一度もらい始めてから1年6か月を超えて再発した人が

いた時、健保組合の相談に乗ってもらいました。

新しい病気として認めてもらう可能性があるとして

そのケースを取り扱ってもらいました。

原則できない=相談に乗ってもらう可能性があります。

傷病手当金のもらい方

在職の方

協会けんぽのホームページの「申請書ダウンロード」→「健康保険給付の申請書」に進んでいただくと、「健康保険傷病手当金支給申請書」につながるのでそちらをダウンロードして使います。

T.K.3
T.K.3

最近は、申請書は、手書き以外にも入力用フォーマットも

あります。

書き方の説明もあるので、説明に従い記入ください。

4枚つづりになっていて、1枚目、2枚目はご自分で記入します。

4枚目は医師の先生に書いてもらい、全部の用紙を会社に提出すると、会社の方で必要事項を記入の上、健保組合に提出となります。

大体、提出後、2週間~1か月程度で入金があります。

用紙だけを見ると最大3か月分を一回で書けるようになっていますが、基本的には月1で傷病手当金を出してください。生活の安定のため、できるだけ月1で収入があるサイクルは確保してください。

退職後の方

退職前に、傷病手当金の支給を受けていた場合は、在職中から休み続けている限り、最初にもらえるようになってから1年6か月までは継続して受け続けることができます。

注意としては、会社の退職最終日に出勤をしているともらえなくなるので、休んだまま退職してください。

POINT

傷病手当金は、①「療養している」②「働くことができない」、③「3日連続で仕事を休んだ」という条件のもと、給与の約2/3を最大1年6か月補助してくれる制度です。

もらい方は、健保組合のホームページより用紙を印刷し、自分の書く欄、医師の書く欄を記入の上会社に提出することで受けられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました