スキルや経験、年収をより上げたい方は【JACリクルートメント】

転職エージェント

こんにちは T.K.です。


今回は経験者で自分のスキルに自信がある方に向けてお勧めしたい紹介会社があります。

30代も後半になり自分に自信がある方は転職をする際エージェント登録をすると思いますが、その中でこのような悩みありませんか?

転職活動のため有名な転職エージェントには登録をした。

でも、登録をしたエージェントから紹介されるのは、ジュニア層のものもあり、正直自分のスキルと報酬と合わないものも多い。

自分に合った仕事、報酬のみ紹介してくれる会社はないかなあ?

転職エージェントは約17,000社あるとも言われており、多くのエージェントが得意分野を持っています。その中で、自分に合った紹介会社を探すのはかなり難しいです。

人材紹介のデパートのような会社に登録をしても結果玉石混合の紹介が最初は出てくるので、数ある紹介件数の中から自分のターゲットとなる会社を探すのは一苦労です。

最適な転職エージェントへの登録も1つの手段となるのですが、その中でお勧めなのが、『JACリクルートメント』になります。

JAC Recruitment

ハイスペックな方向けの紹介会社は他にもあるのですが、1案件のみでの登録促進が多く、1社落ちたら音信不通となるところが多いです。

実際私もサーチ会社に登録をしたことはありますが、案件が多くないので1社落ちたら音信不通であることが多かったです。

T.K.3
T.K.3

基本案件が無い時の紹介会社は本当に冷たいです。

しかしJACは約25,000件もの求人案件があるので、1社の合否で関係が終わることはありません。

ということで、ハイスペックな求人を取り扱い総合人材サービスのような位置づけに位置しています。その内容を経験も含め、解説します。

JACのターゲット年齢、職種レベルで表すとこちらの表のとおりとなります。

JACによる求人の紹介の特徴

JACのサービスは以下のとおりです。

案件の紹介及び企業との交渉

サービス自体は、通常の紹介会社です。

JACによる求人の紹介についての特徴

JACの特徴は以下のとおりです。

1)一定額以下の案件は受けない

2)企業担当者が直接個の候補者にコンタクトを取る

3)面接に同席することがある

一定条件以下の案件は受けない!でも紹介は正社員案件のみではない。

私が採用する側として、JACに注文をしたとき、いくつか案件を断られています。

1つは、給与額が400万未満だったから

2つは、案件の質がジュニア層向けだったから

JACは自分のターゲットとなる案件以外は断ります。

逆にそうすることによって、候補者に紹介する案件の一定の質を保っています。

逆に経験のあるフリーランスに業務委託で仕事をお願いしたい時、JACは承ってくれました。

T.K.3
T.K.3

一定条件以上の業務委託という形でもJACは紹介をしてくれます。

企業担当が直接個の候補者にコンタクトを取る

通常の紹介会社は、企業担当は企業担当、候補者の担当は候補者の担当と分かれているのですが、企業担当が直接候補者に連絡を取ります。

よって、企業目線だったり企業のフィードバックを得たその感覚でコンタクトを取る候補者を選びコンタクトを取ります。

結果、角度の高い案件のみ候補者に紹介する形になります。私が利用していた時の書類通過率は5割くらいでした。転職の書類通過率は、だいたい1割程度なので、高い通過率であることは確認いただけると思います。

採用する側の視点で見てもJACからの紹介の方は案件に対してマッチングが高い方ばかりでした。

面接に同席することがある

特徴的な要素として、面接に同席します。

企業担当が、可能な限り面接にも同席し、その面接のやり取りを見てより一層のマッチ度の合う人を紹介していきます。

これは、もしその面接の方が惜しくも面接に合格しない時に、より合った人を紹介することができます。その経験を経てから紹介される人は、より自分が合格しやすい案件を紹介してもらえることになります。

しかし、面接を受けた人は自分が実験台になったみたいで面白くないですよね。そこはご安心ください。面接が終わった後、一定のフィードバックを担当者からもらうことができます。もし残念な結果になったとしても、後につながる形で終えることができます

懸念点・注意点

経験者のみ紹介します。(断られる場合もあります!)

JACリクルートメントの批判記事を見ると、『案件が減る』とか『相手してもらえない』という内容のものがちらほらあります。

時々「断られる」というコメントもちらほら耳にします。

角度が高い求人を紹介するということは『マッチ度の高い案件しか紹介しない』ということです。特にスキルが高い人の紹介は、角度が高くないと、世の人事は会うことすらしません。候補者と会社が合う案件が見つからない場合は、紹介はありません。

紹介は『数が多ければ良い』という考えの方には合いませんが、マッチ度で紹介をしてくれると思えば、これは納得のいく内容だと思います。

誰が自分の担当かわからない

JACは企業担当者からの紹介があります。よってA社は△△さんから紹介があったけど、B社は〇〇さんからの紹介だった、ということは良くあります。

それは、先述のとおり、企業担当がそのまま個人へ紹介をするので他社のように自分を担当する人はいません。

では、自分のアップデートはどうすればいいの?

登録すると個々にマイページがもらえるのでそこを経由してアップデートは可能です。

その時々の紹介をしてくれた担当者も皆さんフットワークが軽いので対応は早くしてくれます。

まとめ

今回は、JACリクルートメントの紹介をしました。

JACリクルートメントは、ハイスペックの方向け(30代後半から)をメインとした紹介会社のため、ジュニア層やこれから勉強したいという姿勢の方には合わないと思います。

しかし、自分に自信がある方には非常に扱いやすい転職エージェントだと思います。

理由は、以下のとおり

1.一定以下の紹介を受けない

2. 企業担当者が直接個の候補者にコンタクトを取る

3. 面接に同席することがある

ここまで徹底的に企業を見ながら転職支援をするので、マッチング力は非常に強いです。

半面、『マッチングをしない案件は紹介しない』、『候補者の担当がない』と言ったこともありますが、職務の経験者が自分が活躍できる案件を紹介してもらえることを鑑みると納得感はあると思います。

気になった方は是非登録をしてみてください。

JAC Recruitment

この記事が皆さんの会社選びの参考になりますように!

コメント

タイトルとURLをコピーしました