【40代の転職】年収ダウンのオファーは受けなくても成功する!

40代~転職

内定をやっともらえた。でも年収ダウン…受けるべきか蹴るべきか。

そんな悩みを解決します。

この記事の内容

年収ダウンのオファーは受けるべきではない~その理由

ここで妥協してはいけない。踏ん張りどころ!

「年収ダウンのオファーにしない!」そのための戦術とは

40代になると転職は難しい。だから妥協してオファーを受けないといけない。

そう思う人もいらっしゃると思います。

しかし、年収の妥協をすると後々苦労することが多くなるので受けるべきではありません。

事実、転職をしている人の半分以上は年収を下げていません!

この記事では、年収を下げるべきではない理由妥協する危険のある注意する時を説明します。

年収を下げない転職の方法も記載しているのでぜひ参考にしてください。

年収ダウンのオファーは受けるべきではない~その理由

転職に苦労していても年収ダウンのオファーは受けるべきではありません。

その理由をご説明します。

年収ダウンのオファーを受けるべきではない理由
  • 生活水準が変わる
  • 一度年収を落としてしまうと元に戻すのが非常に難しい
  • 次の転職には不利になる

生活水準が変わる

今までより収入は下がるので自分の生活水準を下げなければなりません。

今まで買えていた物が買えなくなる、今まで暮らせていた生活ができなくなる。

場合によっては、子供に進学を我慢してもらう事態も…。

とかく今までの当たり前が夢に変わってしまいます。

安易な収入ダウンは極力避けてください。

一度年収を落としてしまうと元に戻すのが非常に難しい

一度収入を落としてしまうと元に戻すのは非常に難しいです。

理由は、2つ

 企業の給与水準が低い。

 新たにプロモーションをしなければならない。

給与水準が低い場合、会社として給与アップをする能力がありません。

だから、元に戻すことは「無理」です。

40代と言う年齢上一定の職位を得ていない場合、プロモーションの機会は難しいです。

一定の職位を得ていた場合、より限られた職位の奪い合いをしなければ収入アップは難しい。

だから、一度年収を落とすと元に戻すのは非常に難しいです。

次の転職が難しい

世の人事は、前職を参考としてその人の年収を決めます。

前々職は◎◎円だったので…

と言う理屈はあまり通用しません。

次転職をしたいと思った時、一度落とした年収をベースに次を考えないといけません。

会社は年収をベースにその人のスキルや能力を推し量る傾向があります。

会社を選択する範囲が低い範囲の中で限られる

という事を意味します。

ここで妥協してはいけない。踏ん張りどころ!

転職で困難な時、妥協したくなる時はあります。

その時、ここが踏ん張りどころ!妥協してはいけない時をご紹介します。

妥協してはいけない踏ん張りどころ
  • なかなか面接にも行けない時
  • エージェントから促された時
  • 内定をもらえてしまった時

なかなか面接にも行けない時

なかなか面接にも行けない時、合格は遠く見えます。

精神的に、自分が高望みしているのではないかと感じます。

だから、自分の年収を下げようと思うかもしれませんが、ここは踏ん張りどころです。

転職は「ご縁」!

今たまたまご縁がない状況なだけです。

また、年収を下げてもご縁がないところはご縁がありません。

年収=立場の場合も多く、年収を下げる事は立場を下げることを意味する場合もあります。

部長だった人が、係長のレンジまで下げた場合、会社には怪しまれ却って合格も遠のきます。

面接に行けない時は踏ん張りどころ!ここで年収妥協はしないようにしましょう。

踏ん張るためにはメンタルを強く持つことが必用。

メンタルの保ち方を別の記事に纏めました。興味がある人は参考にしてください。

エージェントから促された時

エージェントに相談した時、エージェントから年収ダウンを提案されることがります。

たくさんの会社を見ているエージェントが言っているのだから、仕方ない。年収ダウンを受け入れるか…

とは思わないで!

エージェントの収入減は会社。

だから会社の利益を最優先して、優秀な人の年収を下げて会社に提供するエージェントも存在します。

そんなエージェントの口車に乗ってしまわないよう注意しましょう。

やり口は、「気概がある人」「お金で動かない人」等とにかく褒めるやり方。

「貴方の価値はお金だけですか?違うでしょう」とお金の話をしてはいけない雰囲気を作る等様々。

いずれにせよ、お金を下げる話が出てきたら要注意です。

内定をもらえてしまった時

転職は非常に大変です。

メンタルも体力も削られます。

そんな中内定をもらうと、「ここまでやっと登れた」と思いがち。

そんな中「給与ダウン」の話があっても受けたくなるのが人情です。

でも、考えてみてください。

わざわざ自分の条件を下げる為に転職するることに意味はありますか?

確かに内定をもらうと達成感を感じます。

しかし冷静に考えると自分を安売りするよう要求されているだけです。

内定をもらえた時こそ客観的に状況を考えましょう。

収入ダウンでも転職して良い場合(職がない時)

前職を退職した等、お金を稼げない状況下の場合は収入ダウンは仕方がありません。

企業も足元を見て、低いオファーしか出ない場合も良くあります。

ここで踏ん張ってずっと無職は生活に関わるため、収入ダウンも致し方なしです。

「年収ダウンのオファーにしない!」そのための戦術とは

年収ダウンのオファーを防ぐためには自分の価値を最大限高く見せることが必要です。

最大限自分の価値を高く見せるには
  • 自分の売りを確認する
  • 資格を取る
  • エージェントを選ぶ

自分の売りを確認する

面接は自分を売り込む場です。

だから自分の売りを理解しておく必要があります。

自分のウリ?どうやって探せばいいの?

まずは職務経歴を作ってみます。

その経歴の中で達成したことや、長く経験をしたことをピックアップしてみましょう。

成功要因や自分の得意と思えることが見つけられたらそれが「ウリ」です。

困難なことに挑戦するのが得意だったり専門知識で貢献するのが得意等様々あると思います。

自分のウリを探してみましょう。

資格を取る

自分のウリが見つかった後はそのウリを最大限強く見せられるよう資格を取ります。

資格は自分のウリを説明抜きで最大限表現できる手段です。

履歴書の資格の欄に「自動車普通免許」以外に何か書くのも気分的に嬉しいもの。

資格を取りましょう。

さて、どうやって資格を取るか?はこちらの記事に記入しました。

エージェントを選ぶ

自分の武器がそろったところで自分を最大限売ってくれるエージェントを探します。

安売りしようとするエージェントもあれば自分を高く売ってくれるエージェントもあります。

自分にぴったりのエージェントを探しましょう。

但し最近はエージェントが多様化しています。

様々なステージや職種に特化したエージェントも多数。

合わないエージェントだと面談や登録すらさせてもらえません。

経験者・ミドルに特化したエージェントに登録しましょう!

注意!

「40代可」の案件は決して40代に特化したエージェントではありません。

「他の年代でも良いけど40代でも良い」と言う意味で決して40代ターゲットではありません。

具体的にはどんなエージェントが良いですか?

40代の転職にお勧めエージェントを別途記載した記事を紹介します。参考にどうぞ!

まとめ

この記事では、年収が下がるオファーを受けるべきかについて記載しました。

結論受けない方が良いです。

理由は以下の3つです

オファーを受けると生活水準が変わる

一度年収を落とすと元に戻す事が難しい

次の転職にも不利になる

しかし、頭でわかっていてもなかなか実施は難しいです。

理由はどうしても年収を下げないといけないと感じる時があるから。

具体的には以下の3つの時になります。この時は注意しましょう。

なかなか面接にも勧めない時

エージェントから強く勧められた時

内定をもらえた時

そのような事態にならないように、転職をする際は自分をより高く売れるように準備をしましょう。

具体的には、

自分のウリを確認する

ウリに対しては最大限アピールできるよう資格を取る

自分を最大限売ってくれるエージェントに登録をする

転職活動の参考にしていただけると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました