退職交渉が難航!会社が恐い!そんな状況を打破する退職代行

テクニック集

会社が恐くて退職交渉ができない!

会社が退職の申し出をなかなか受け入れてくれない!

退職の申し出をしてから会社に脅されている!

そんな状況の打開方法をお伝えします。

この記事の内容

1名では退職交渉が厳しい状況

退職代行サービス

正しい退職代行サービスの選び方

この記事を書くT.K.は転職を9回しており、かつ人事として退職者を何度も見送っています。

T.K.はこんな人

人事を20年やってきました。10社の会社全て採用・面接・能力開発等をしてきました。

うち3社はブラック企業にはまって1年未満での退職をしています。

しかし9回コネを使わない転職を成功させています。40代になって転職により職位と収入アップしています。

今回は、退職をしたいけど、交渉が困難な方の悩みを解決すべく記事を書きました。

退職交渉をした際、会社からの圧力が恐くてなかなか進められない時があります。

しかし、そのほとんどは自分の力で交渉を成功させることができます。

万が一、自分では難しいと思っても「退職代行サービス」を使えばすんなり話が進みます。

この記事を読むことで、難航している退職交渉の解決策を見出す手段の1つが分かります。

皆さんの退職の手助けになることを願い、始めていきます。

1名では退職交渉が厳しい状況

退職交渉が難航していると思っても、実は勇気を持って毅然と対応すれば、ほとんどのケースでは成功します。

しかし、中には1人では無傷では退職できないケースや退職そのものができないケースがあります。

ここでは、1名では退職交渉が厳しい状況を紹介します。

逆にこの状況でない場合は勇気をもって1名で退職交渉をしてください。

上司のハラスメントがひどく社内に頼れる人がいない

上司のハラスメントが激しいことが理由で退職を考えた場合、ハラスメントの張本人である上司への相談できません。

退職交渉をしようとしてもこんな状況に陥っていませんか。

上司と恐くて話すことができない

会社として全く話を受け入れてもらえない。変に引き止められてズルズルしてしまう。

もう恐くて会社に行くことができない。

その場合まず初めに社内の第3者に頼れる人の存在を確認ください。

もしそのような人がいない場合はパワハラで上司への恐怖心や毎日の疲れから、1名で退職交渉をする事は困難です。

『条件を付ける』『法的に訴える』『脅しをかける』等圧力をかけられる

『辞める』と言った場合、脅しをかけてくる会社があります。

例えば、こんな感じです。

『辞めるなら〇〇してから』と条件を付けてくる

『〇〇は法律で禁止されているから辞める事はできない』と法的な話をされる

『お前、今辞めたらわかってるよな…』と脅される

人の善意を利用する、または法律に無知なことを利用しています。

人事部門や会社の上司が言ってきたら一般労働者である私たちは対抗できません。

私が部門と退職をしたいと相談に来た社員に話を聞いたとき、『辞めるなら給与を返してもらう』とか『退職するなら、詐欺で訴える』等上司に言われたケースも散見されました。

嘘・本当は別として、専門的知識を盾にされたら1人で退職交渉するのは困難です。

お金の問題が絡んでいる場合・弁護士が出てくる場合

悪質な会社は辞めるとなった際以下のことをする場合があります。

給与を一部払わない

賠償金の話をちらつかせる

弁護士が出てくる

主に弁護士が出てくるのはお金の問題が絡んだ場合が多いのですが、弁護士に素人の労働者が戦ってもおそらく勝ち目はありません。

法的に正しかったとしても、弁護士は素人相手では簡単にひっくり返します。

金が絡んだ場合、特にこじれて弁護士が出てきた場合、1名で退職交渉は困難です。

退職代行サービス

退職代行サービスとは

退職代行サービスは、退職交渉を代わりにしてくれるサービスです。

一人で退職交渉ができないケースは様々あります。

会社に行くことが恐くて行けなくなるケースから法的手続きで戦わないといけない場合まで様々。

その時に助けてくれるのが、退職についての法律と交渉のプロフェッショナルである退職代行サービスになります。

退職代行サービスの流れ

基本的な流れは、以下のとおりです。

①退職代行サービスに相談する

退職代行サービス会社に相談をします。相談の時点でお金を請求する会社は基本的にはありません。もし、請求してくる会社があれば、そこには相談しない方が良いです。

②情報の共有を行う

個人情報と会社の情報を共有します。いざその条件でやるとなったら、サービスと支払いの説明があるので、納得できるようであれば、申し込んでお金を払いましょう。

③代行サービスをする具体的なプランを練る

退職希望日や、退職をする際の条件(有給消化や私物の有無等)について打ち合わせます。

④いざ実施

退職代行会社から会社にアプローチをします。基本的に会社は争いごとが嫌いなので、ほとんどの会社は、深追いして戦いません。

退職代行サービスを利用するメリット

退職代行を利用するメリットは2つあります。

3者が介入するので、スムーズに退職ができる

法的にも精通した人が代行を行うのでトラブルになる可能性が極力なくなる

多くの会社は上司との人間関係だったり、会社の執拗な引き留めだったりします。

その場合、第3社が介入するだけで、ほぼ退職交渉は解決します。

希望される方はもう二度と会社に行かなくても良くなります。

法律の話が合った場合、ただの脅しであることも多いので、権威ある第3社が介入するだけでそれ以上の攻撃がなくなる場合が多いです。

もし、弁護士が介入したとしても、弁護士が代行をしていれば、弁護士同士の話し合いでトラブルに発展する前に解決を図ることが多いです。

よって、トラブルを避け、スムーズに終了することが多いです。

退職代行を利用するうえでのデメリット・注意事項

お金がかかる

詐欺が紛れている可能性がある

代行サービスを利用する際、利用料はかかります。

そのグレードによって利用料も変わります。状況に応じて使わないと結果があらぬ方向に行く可能性があります。

また、ビジネスとして成り立つので、まねごとをした人だったり、詐欺の事例も散見されます。

では、どういう状況でどのような退職代行を使えばいいの?

状況に応じた退職代行サービスを紹介します。

状況に応じたお勧め退職代行会社

ハラスメントがひどい場合、変な引き留めがある場合

第3者の介入がある時点で、問題なく解決できると思います。訴訟問題等まで発展するとは考えづらいので、直接弁護士に頼まずとも安全に退職は可能です。

【お勧めの退職代行会社】

¥20,000円でサクッと退職代行!退職スターターキット進呈中

バックボーン依頼費用
会社の管理職出身者一律 20,000円    
追加料金なし!  

会社を知っている管理職出身者が作った退職代行会社です。会社の勝手がわかっている人が交渉にあたります。万が一退職できなくても返金されるので安心

なお、こちらはさらに2つのサービスが希望者にはついてきます。

①引っ越し紹介割引

 もし辞めるにあたって引っ越しを希望されるなら割引サービスがあります。

②転職サポート(エージェントへの紹介)

 嫌で一刻も早く辞めてしまった時恐いのが次の職場がない事!そのために転職エージェントへの紹介もしております。

【お勧めの退職代行会社】

>退職代行ガーディアン

バックボーン依頼費用
合同労働組合
東京都労働委員会承認
一律 29,800円
追加料金なし!

少し質が悪い場合、法律が云々と言ってくる会社には一定のバックボーンがある会社の方が良いです。こちらの代行会社のバックボーンは労働組合です。

法律は知っている事や、東京都労働委員会の承認があることから一定の法的な知識では対抗できます。実際にお金の問題まで発展しない場合であれば、こちらの会社で解決ができると思います。

ここまでは、訴訟問題までは発展する可能性が低い場合です。

もし、訴訟問題まで発展しそうな場合は、こちらの参考にしてください

お金の問題が絡んできた場合・弁護士が出てきた場合

企業もお金の問題が絡むと、戦うメリットを感じる場合があります。その時企業は弁護士を立ててくる可能性もあります。その時は少しお金がかかりますが、バックボーンに弁護士がいる退職代行サービスを使用ください。

弁護士に対抗できるのは弁護士です。

お勧めの退職代行会社】

弁護士法人が運営する退職代行サービス「退職110番」

バックボーン依頼費用
弁護士
社会保険労務士
  
一律 48,800円  

こちらも退職できなければ全額返金あります。なお、弁護士兼社会保険労務士が退職代行をしてくれるメリットは以下のとおり。

①煩わしい退職に係る書類について考えなくてよい

弁護士であり労務のプロフェッショナルの社会保険労務士が会社に頼まないといけないだろう退職関係の資料作成まで一切を手配してくれます。会社もごまかしが利きません。

未払い金請求、慰謝料請求等会社として戦う価値がある内容まで交渉してくれる

場合によっては、会社も弁護士を立ててくるかもしれないお金に絡む事象もカバーしてくれます。こちらからの請求も相手からの請求回避も弁護士だからこそ対抗できます。

※ただし、こちらは基本料金プラス費用が発生します。

まとめ

この記事は、会社を辞めたいけど、退職ができなかったり、会社が恐い人に向けて、その打開策となる退職代行について書きました。

上司が怖くで話ができない、会社に行きたくない状況だったり、会社への引き止めがひどい、場合によっては脅しや条件を付けてくる所も有ります。

1人で強行突破もできますが、なかなかハードルが高いです。

金銭問題や弁護士の介入まで進むと1名での解決はまず不可能です。

この時、退職代行サービスを利用して第3者の介入による安全な退職を目指すことをお勧めします。

退職代行は用途により値段も変わります。今の状況に沿った代行サービスを使うと良いです。

中には、詐欺もあるとのことでしたので注意をしてください。

お勧めの退職代行サービスを紹介しました。

ハラスメントや引き止めと弁護士の介入や金銭が関わった時にレベル訳をしています。

ぜひ参考にしてください。

この記事が皆さんの転職活動に少しでもプラスになることを願います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました