【20代転職】初めての転職、失敗しない為にやるべきたった2つの事

40代までに転職力を付ける
この記事の内容

〇初めての転職をする時必ずやるべき自己分析

〇失敗しない為に外せない転職エージェントへの登録

〇流されてはいけない!実はやらなくて良い事

初めての転職、具体的に何をすればいいのだろう?

そんな疑問に回答します。

T.K.の自己紹介

人事20年、10社で採用をしていました。転職活動は9回しています。

新卒をはじめ若手採用、教育研修をメインで行ってまいりました。

社会人になって間も無い時期だと具体的な転職方法は分からず、不安なものです。

20代の方が初めての転職をする時、『自分を見つめ直す』、『適切なサポートを得る』だけでより好条件で転職が可能です。

この記事は20代の方が初めて転職をする時にやるべきことを解説します。効率的かつ効果的!中長期的な意味で転職成功を得られる内容となっています。

この記事を参考に転職の成功を目指していただければ!と思います。

初めての転職をする時必ずやるべき自己分析

就職活動をする時に言われた自己分析は転職でも大きな意味を持ちます。

転職する時期で『自分』と『会社の求める要素』は変わるので。

では、初めての転職で自己分析を行う目的とやり方を解説しますね。

自己分析を行う目的

自己分析を改めて行う目的は以下のとおり

自己分析の目的
  • アピールポイントが見つかる
  • 将来なりたい自分を基に目標の設計をすることができる
  • 社選びの基準が確立される

アピールポイントが分かる

自己分析によりアピールポイントを見つけることができます。

企業は若手・未経験の方を採用する際、専門性を重視しません。

志向性や、コミュニケーションの仕方、夢を確認し、将来的な期待値を確認します。

企業からの質問に回答する為準備が必要になるのが自己分析です。

企業に将来的な期待を持ってもらえるよう自己分析で自分の事を深く確認しましょう。

将来なりたい自分を基に目標の設計をすることができる

自己分析により将来的な目標を決めることができます。

自分の志向性を知ることで将来なりたい自分を確認。

なりたい自分になるために『~年後までに何をする』と言った目標設定をしましょう。

転職に向けて自分が進むべき方向が分かります。

会社選びの基準が確立される

目標設計ができると自分が会社に求めるもの、会社選びの基準が確立されます。

基準が確立されると以下の2つが明確になります。

〇志望理由の明確化

〇会社への質問事項

明確な志望動機と的を得た質問は会社からの印象も格段にアップします。

会社選びで失敗しない為に自己分析が必要になります。

自己分析の具体的なやり方

では、自己分析はどのように行うのか?

過去の自分に聞いてみましょう。

具体的には以下の順序で進めます。

1.仕事に関わらず、自分が充実感を得たこと、嫌だったことを書き出します。

2.その充実感を得た理由、嫌だった理由をまとめます。

3.共通する事を見比べると、自分の傾向が見えてきます。

具体的には、『専門家』タイプ、『プロジェクトに従事する』タイプ等です。

その方向性に沿って、自分の最終ゴールとゴールから逆算して5年後、10年後の目標を決めます。

と言われても、自分一人で確認するのは不安

と言う方は、有料ですが、自分のキャリアプランを相談するサービスがあります。

必要があればご相談ください。

人生に向き合うキャリアコーチング【マジキャリ】

特徴

徹底した自己分析からキャリアプランの設計を手助けするサービスです。

初回は無料なのでお試しでどんな感じかを確認することも可能!

企業選びや意思決定の仕方まで支援してくれます。

※ただし、職業紹介はありません。

失敗しない為に外せない転職エージェントへの登録

初めての転職はエージェント経由での転職活動をお勧めします。

転職エージェントの中には転職の準備、活動、内定後に前職を辞めるまでのアドバイスをしてくれる会社があるから。

そのメリットや注意事項についてお伝えします。

転職をする時の必要な過程

自己分析後、転職をする時に大切な過程は全部で5つ

1.履歴書・職務経歴書の作成

2.企業研究など情報収集

3.応募

4.選考

5.退職交渉

履歴書・職務経歴書の作成

自己分析で見つけた自分の強み、自分の仕事の経歴を書類にしたものです。

書類選考から面接への通過率は、大小ありますが、10%~30%程度。

履歴書・職務経歴書の良し悪しが転職の成功を左右します。

作成には細心の注意が必要です。

企業研究など情報収集

企業研究は非常に重要です。

会社は自分の人生に大きな影響を与えるので。

求められている仕事内容やスキル、人物像を確認は皆すると思います。

自分の通勤圏内、給与、平均勤続年数等自分のメリットの確認も必要です。

忘れてはいけないのが、文書に書かれていない企業文化!

『企業文化』や『人』を知らずに応募をすると面接で攻撃を受けることもあります。

合わない会社に入ってしまったらその後やりづらい環境下仕事をすることになります。

応募

企業に応募をします。

その際、企業の求めるものや企業文化によっては履歴書の『志望理由』や職務経歴書の『職務経歴』も多少の改善を加えます。

選考

選考は大きく分けると2つの対策が必要です。

1つ目は面接対策。

面接で聞かれることや、自分のアピール方法を確認して臨みます。

2つ目は筆記試験対策。

会社により独自の物もあれば、SPI等適性検査もあります。対策本も活用してテストの練習をしておくことが必用です。

退職交渉

内定を勝ち取ってもその後『退職』をしないと入社はできません。

そのために、現職に対して退職をするための交渉が必要です。

今まで世話になった会社に対しての罪悪感や、「退職する」と言った後の不安より退職の宣言には勇気が必要です。

T.K.
T.K.

転職を行動に移すにはこれだけの事をしなければなりません。

だからお勧めは転職エージェント経由

まずは転職する方法をご紹介

転職をする方法は主に4つあります。

1.転職サイトへやハローワークより応募する

2.転職エージェントへ登録して職業紹介をしてもらう

3.ダイレクトリクルーティングサイトと言うサイトに登録し、企業からの声掛けを待つ

4.知人・友人からの紹介により入社する

若手・未経験者の方は転職サイトやハローワーク経由で応募するか転職エージェントに登録をします。

あとの2つは成功するために職務のスキル・経験が必要になるから。

転職するなら転職エージェントがお勧め

応募と転職エージェント、どちらがお勧めかと言うと、転職エージェントが断然お勧めです。

理由は、転職エージェントは『転職に必要な過程』をサポートしてくれるから。

転職エージェントがサポートしてくれることは具体的に以下の通り。

転職エージェントがサポートしてくれること
  • 履歴書・職務経歴書の書き方指導・添削
  • 企業の紹介
  • 応募、面接等の試験対策、給与等の交渉

初めての転職をする時、具体的にどうしてよいか分からない事ありますよね。

沢山のケースより効率的なやり方やサポートをエージェントはしてくれます。

また、転職エージェントは企業の文面では書けない情報も紹介の時に教えてくれます。

初めての転職にはガイドが必要です。

転職エージェントはそのガイド!だからお勧め!

未経験・若手ならば登録したいエージェント

転職エージェントにも得意分野があります。

例えば、経験者層に特化していたり、アパレル業界に特化している等。

初めての転職をするなら未経験・若手層に特化したエージェントに登録しましょう。

特に若手・未経験者層が欲しい会社とのパイプが強いため。

また、初めての転職をする人が不安も知っています。

だから不安を払しょくするサポートは大得意!

初めての転職は、『未経験・若手』に特化したエージェントに登録しましょう。

未経験・若手に特化したエージェントって具体的にはどこ?

お勧めのエージェントを別記事にて紹介しています。興味がある人は参考にしてください。

流されてはいけない!実はやらなくて良い事

噂や自分で決めたという意識から不要な事をしてしまっていることがあります。

今一度確認してほしい事、本当はしなくても良い事を紹介します。

無理に転職をしなくても良い

自己分析の結果転職をしなくても良いことに気づくことがあります。

その時は転職活動を辞めてもOK。

転職は『チャンスへの賭け』と言うだけで、必ず成功するとは限らないから。

本気でない転職は苦労するし、本当に転職をしたい時に悪影響もあります。

一度決めた事でも、必ずしなければならないわけではありません。

転職活動を始める前に今一度確認をしてみてください。

資格が必要ではない

若手・未経験の方は必ず資格が必要ではありません。

企業が資格保持を求める場合、経験が伴うことが前提。

資格だけでは不十分です。

だから、無理やり資格を取得する必要はありません。

ただし、努力をして勉強していること自体は大切です。

例えば『今プログラムの教室に通っている』『通信教育で資格の勉強をしている』等。

これで十分会社にはアピールできます。

しかし、独学はあまり評価をされません。

勉強していなくてもその場では独学で勉強していると言えるから。

若手・未経験の方が転職をする際、資格保持までは不要ですが勉強はしておきましょう。

まとめ

この記事では、20代の方が初めて転職をする時にするべきことについて書きました。

20代の方は、若手層、未経験者層と言われることが多いため、スキル勝負はしません。

自己分析により自分の志向や夢等、今後の期待を会社に与える要素を探しましょう。

また、自己分析は会社選びや適切な質問をするにも役に立ちます。

自分の過去を調べる事で自己分析はできますが、不安ならプロの力を借りても良いです。

次に転職エージェントを探しましょう。

転職の過程でやることは多いです。

その過程で多くをサポートをしてくれる転職エージェントは失敗しないため有効!

特に若手・未経験者に特化した転職エージェントを使うと効率的です。

逆に、『転職をしなくてよい』と思ったら転職を辞めても良いし、無理に資格を取る必要はありません。

この記事が転職成功の近道になることを願います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました