【40代転職】転職回数が多くても好条件が狙える転職の為する事

40代~転職

40過ぎたし、転職回数多いし、もう転職は無理かなあ?

そんな疑問にお答えします。

この記事の内容

転職回数が多くても条件を落とさず転職はできる

自分のウリを明確にする

メンタルを強く持つ

適切なエージェントをうまく使う

この記事を書いているT.K.は転職を9回している40代です。

T.K.の自己紹介

人事で20年、10社で人事をしています。いずれの会社でも採用をしてきました。

自分自身、9回の転職経験があり、40を超えてから4回転職をしています。

資格の数は20前後!35を超えてから転職はスキルの表し方がキーと思っている人間です。

転職回数が多いと転職ができない!または条件ダウンは必須!と思ってる方も多いと思います。

しかし、一定の準備、心構え、方法を使えば、むしろ条件を上げて転職をすることが可能です!

この記事では、転職を今一度したい方の参考になればと思い書きました。

40代ではない方にもお役に立つ情報と思います。

転職が多い事を悩んでいる方は参考にしてくださいね。

転職回数が多くても条件を落とさず転職はできる

転職回数が多いと企業は嫌がると思うのですが。

今は経験やスキルを重視する時代です。

どういう能力をもって会社に利益をもたらすのかが大切な時代!

特に40代は、経験・スキルが重視されます。

確かに転職回数が多い事で敬遠をする会社はあります。

理由は

企業が転職が多い人を敬遠する理由
  • すぐに辞めてしまう恐れがある
  • 1社での経験が少ないので言うほど経験を積むことができていない
  • きっと無能

理由もなく『転職は3回まで』と言う会社もあります。

転職回数が多い人は書類選考で落ちる確率は高いし、面接で嫌な目に遭う確率も高いです。

しかし、転職回数をポジティブに見る企業も少なくありません。

企業のポジティブな見方
  • 転職回数よりやった仕事の成果を重視する
  • 沢山の会社を経験したという事はそれだけ多くの企業の経験を持っている
  • 何度も転職できている人ってどんな人?という興味

実際にこのような目でみる企業はあります。

考え方ですが…

皆さんが入社する企業は1社!

ポジティブな目で見る企業もある!

そのポジティブな目で見る企業は、皆さんに魅力を感じます。

結果、条件をさげずにオファーを出します。

少し辛い目に遭う確率も高いですが、条件を上げる1社を目指しましょう!

転職が多い人は転職をする際に必要なことは何ですか?

3つあります!

転職が多い人が転職をするため必要な事
  • 自分のウリを明確にする
  • メンタルを強く持つ
  • 適切な転職エージェントをうまく使う

順に説明します。

自分のウリを明確にする

30代後半からの転職は求められるものの質が変わります。

経験・スキルを企業が求めるようになるから。

だから選考で『自分はできる』事をアピールしなければなりません。

そのために自分の『ウリ』を明確にします。

自分の『ウリ』を一番明確に示す方法は『資格』と『成果』

営業やプロジェクトを経験した人は成果を職務経歴書に書いて面接で経験を語れます。

しかし、営業やプロジェクト経験者ではない人は成果を語る事は難しい。

だから『資格!』

資格はその人の職務能力を雄弁に証明します。

と言ってもどんな資格を取れば良いの?

貴方の仕事を雄弁に語るものが一番です。

なぜなら、貴方のこれからする仕事の能力を示すものだから。

人気のある資格ではありません。

持っていても実務経験が無かったり、仕事とは関係ない資格では会社が興味を持たないから。

あくまで仕事で使う資格に限定しましょう。

注意点

資格を持つと選考は合格しやすくなりますが、その後『できる事』を期待されます。

資格は持つことを目的とせず、勉強で得た知識を使う事を目的としましょう。

詳細については、こちらの記事で詳しく紹介しています。参考にご覧ください。

メンタルを強く持つ

事実!転職回数の多さは不利になる。

日本では転職回数の多さが不利になる事が多いです。

具体的には以下のとおり。

転職回数が多い事で受ける不利益
  • 転職回数が理由で書類選考が通らない
  • 転職回数が多い事で転職を辞めるよう諭される
  • 受かりにくい事を良い事にディスカウントされます。

書類選考が通らない

転職回数が多いと書類選考が通りません。

一般的に書類選考の通過率はおよそ3~5割と言われています。

エージェントによっては1割とも言われますが。

転職回数が多い事で無条件に通過率が低くなります。

転職を辞めるよう諭されます

諭され方は様々ですが、エージェントから親身に諭されたり、面接で諭されたりします。

時には、面接会場で人格否定までされることもあります。

受かりにくい事を良い事にディスカウントされます。

受かりにくい事を良い事に希望年収を下げるよう言われることもあります。

書類選考で落ち続け、やっと面接に行っても人間否定されたらさすがに落ちやすくなりますよね。

こんなことで負けてはいけません!強くいきましょう!

メンタルを強く持つために

折れない為に以下を心がけてください。

メンタルを強く持つためにすること
  • 『行くのは1社!それ以外は全部落ちて良い!』と思う
  • 肯定的に話を聞いてくれる転職エージェントを使う

『行くのは1社!それ以外は全部落ちて良い!』と思う

実際転職先は1社です。

99社落ちても1社受かればいいのです。

あくまで行く会社は1社、99社は落ちるものと最初から思って臨みましょう。

会社はそれぞれ考えがあります。

転職回数が多い=経験が多い』と見なす会社はあります。

価値を見出す会社は好待遇で迎えてくれます。

自分の行きたい会社に出会うまで、『落ちる』を前提に活動をします。

肯定的に話を聞いてくれる転職エージェントを使う

『転職回数が多い』自分に寄り添い、肯定的に話してくれるエージェントを使いましょう。

親身になっても『転職回数が多いので不利ですよ』と言うエージェント!いませんでした?

確かに現実をストレートに言ってくれてありがたいのですが、否定的ですよね。

その転職エージェントとの転職は、『貴方不利です』と否定されながらの活動になります。

実績を伴う否定はメンタルに大打撃です。

転職をする際最も大切な事は『自己肯定感』。

自己肯定が自信を作り『折れない心』と『面接でのパフォーマンス』を後押しします。

そのためにも自分への肯定的な評価は不可欠

自分を信じ肯定的に捉えてくれる転職エージェントを使いましょう。

なお、こちらの記事でも別の側面から転職活動中のメンタルの保ち方を記載しています。

適切な転職エージェントをうまく使う

転職は転職エージェントを使用します

転職をする際は転職エージェントを使ってください。

転職ツールの代表的なものは、転職サイト、ハローワーク、転職エージェントがあります。

しかし転職サイト、ハローワークは40代の転職には適しません!

転職エージェント以外が適さない理由

転職サイト:基本的には未経験・若手層がターゲットのため40代に合う案件がない

ハローワーク:企業が求める人の情報が少ない中でやみくもに応募をすることになる

結果として、入社に辿り着きにくいです。

転職エージェントは、企業と直接コンタクトを取り、企業が欲しいと思う人を紹介します。

企業から情報を得た転職エージェントの紹介を受けて応募をするので効率が良いです。

だから転職の際は転職エージェントを利用してください。

自分に合った転職エージェントを使います

転職エージェントは自分に合った転職エージェントを使います。

転職エージェントは非常に多いです。

それぞれ得意分野があり、その得意分野を外すとエージェントからの紹介はありません。

転職エージェントから面談を断られる場合もあります。

逆に得意分野が自分の特性と合致すると、実際紹介は多いです。

転職エージェントから重宝されながらの転職活動ができます。

40代経験者をメインとした転職エージェントは転職回数問題についての経験も多いです。

転職エージェントは自分に合ったところを使います。

自分に合った転職エージェントをどう探せば良いですか?

40代の経験者が自分に適したエージェントの探し方を用意しました。

興味がある方は参照ください。

まとめ

この記事は転職回数が多い40代の方の転職活動を成功させるため必要なことについて書いています。

具体的には以下のとおり。

自分のウリを明確にする

メンタルを強く持つ

適切なエージェントをうまく使う

実際に転職回数が多くても、妥協せず転職ができます。

しかし、基本的に日本の企業は転職回数に敏感。転職回数を気にしない会社との出会いが必要です。

転職回数を気にしない場合、会社にプラスとなるかが基準。

自分のスキル・経験のアピールが必用です。

転職活動は落ちる確率が高いです。

メンタルは強く持ち続けないといけません。

転職はより効率的に行う必要があるので、成功の為転職エージェントは最も重要な要素!

エージェントは自分に合うところを選びます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました